農場実習を行いました

2018年05月31日|お知らせ

 5月19日(土)に、地域社会システム学科の1年生全員が必修科目「生物資源実習」の一環として、生命環境学部の附属農場で農場実習を行いました。農場のスタッフの指導のもと、午前中は小松菜とチンゲン菜の収穫と出荷作業、午後は桃の摘果と梅(甲州小梅)の収穫にチャレンジしました。真夏のように暑い一日でしたが、学生は食物生産の現場を楽しみながら実践的に学ぶことができたようです。

 
なお、この日に収穫した小松菜とチンゲン菜は、大学構内のローソンにて販売されました。
 
 
 
 

最新情報
ページの先頭に戻る