農場実習を行いました

2019年05月13日|お知らせ

  5月11日,生物資源実習の一環として,小曲農場での実習を行いました.真夏のような強い日差しと30度にも届きそうな気温の中,サツマイモ,ナス,ピーマンの定植,

チンゲンサイ,ホウレンソウ,ミニハクサイの収穫とラッピング,

 
ジャガイモの芽かき,モモの鳥よけのテープ設置,梅の収穫を行いました.
 
 
収穫した野菜は参加者で山分けしました.
 
 
 
 

門野准教授が編纂した著書の書評が週間エコノミストに掲載されました

2019年05月10日|お知らせ

   2019年5月7日発売の週刊エコノミスト(5月14日号)に、地域社会システム学科の門野圭司准教授が編者となって公刊された学術書『生活を支える社会のしくみを考える:現代日本のナショナル・ミニマム保障』(2019年2月刊、日本経済評論社)の書評が掲載されました。「公的な生活サービスの実態解明 地域格差解消へ財政の役割説く」と題された書評の末尾で、「日本社会のあり方に一石を投じた書物である」と評価されています。

 
ごく一部分しか読むことはできませんが、書評へのリンク先はこちらになります。

新入生オリエンテーションを行いました。

2019年04月22日|お知らせ

  419日(金)、大学会館ラウンジにて新入生オリエンテーションを行いました。自己紹介,レクリエーション,先輩との懇談を行いました。

 各自お菓子をとってランダムに決められたテーブルの席につきました。最初はこんな感じでしたが,

 個性あふれる自己紹介,レクリエーション↓

を経て,打ち解けていった様子でした。

 最後に各テーブルに1人ずつ先輩が入って,大学での学習や生活について質問する時間が設けられました。大学生活についての良いアドバイスがもらえたのではないでしょうか。

 


若生直志助教がFM-FUJIに出演しました。

2019年04月22日|お知らせ

   4月11日(木),18日(木)の両日,地域社会システム学科の若生直志助教が FM-FUJI の番組「GOOD DAY」内のコーナー「山梨大学 FUTURE SEED」に出演しました。FM-FUJI の番組HPで放送の録音を聴くことができますので是非聴いてみてください.

 
 

写真展「勝沼の時代を写す。」開催のお知らせ

2018年08月03日|お知らせ

 山梨大学観光まちづくり研究室(菊地研究室)と甲州市教育委員会では、甲州市勝沼の今と昔の地域の見方を探る写真展「勝沼の時代を写す。」を開催します。

 この写真展は、甲州市と山梨大学の共同研究で実施している「勝沼のブドウ畑とワイナリー群の文化的景観」価値調査及び普及啓発事業の成果をもとに、勝沼の魅力をさまざまな角度で知ってもらうことを目的に開催するものです。
 
小学校で実施した写真撮影ワークショップ成果(地元小学生の地域の見方)や新規に収集した古写真を通したかつての勝沼のすがたなどを展示します。
 
また、会場では、山梨県立博物館の呼びかけで、山梨大学観光まちづくり研究室・甲州市教育委員会文化財課が連携して作成した小中学生向けミニブック「ブドウ郷のヒミツを解き明かせ」も配布します。展覧会のあとは、ミニブック片手に勝沼を散策していただければと思います。
暑さ厳しき折ですが、ブドウ収穫シーズンの勝沼訪問にあわせて、ぜひお立ち寄りください。
 
会期:2018年8月12日(日)〜8月31日(金)
場所:近代産業遺産 宮光園 白蔵
*入場無料(宮光園常設展は別途入場料がかかります)
 
お問い合わせ:甲州市教育委員会文化財課
       TEL  0553-32-5076
 

農場実習を行いました

2018年05月31日|お知らせ

 5月19日(土)に、地域社会システム学科の1年生全員が必修科目「生物資源実習」の一環として、生命環境学部の附属農場で農場実習を行いました。農場のスタッフの指導のもと、午前中は小松菜とチンゲン菜の収穫と出荷作業、午後は桃の摘果と梅(甲州小梅)の収穫にチャレンジしました。真夏のように暑い一日でしたが、学生は食物生産の現場を楽しみながら実践的に学ぶことができたようです。

 
なお、この日に収穫した小松菜とチンゲン菜は、大学構内のローソンにて販売されました。
 
 
 
 

「甲州市歴史的風致散策 in 勝沼」開催のお知らせ

2018年03月06日|お知らせ

地域社会システム学科・観光まちづくり研究室(菊地研究室)では、甲州市教育委員会との共同企画として、甲州市勝沼地区の地域資源をめぐる「歴史的風致散策」を3月25日(日)に実施します。前回に引き続き、地域社会システム学科の1・2年生有志が企画やチラシ作成などに参加しています。

参加の申込方法など詳しいことは、こちらのチラシをご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。


地域社会システム学科の学生が、エネルギー新聞スクラップ作品コンクールの奨励賞を受賞しました。

2018年03月06日|お知らせ

地域社会システム学科の小林光貴さん、坂野温美さん、返田隼人さん、真鍋なつみさんが、エネルギー新聞スクラップ作品コンクールの奨励賞を受賞しました。

作品名は「私たちを取り巻くエネルギー」でした。受賞作品の展示は、2月10日(土)に川崎市立大戸小学校(エネルギー・環境子どもワークショップ)、3月3日(土)に日本科学未来館(エネルギー環境教育フォーラム)で行われました。

コンクールの審査結果は、下記のウェブサイトをご覧ください。
http://www.energy-modelschool.jp/news/2018/02/09/5899

コンクール1

コンクール2


(1) 2 3 4 ... 18 »
最新情報
ページの先頭に戻る