「観光政策科学特別コース」が新設されました。

1.観光政策科学特別コースの目的

 観光政策科学特別コースは,観光振興を念頭に置いた地域志向型教育を実践し,地域資源の観光への活用,地域資源の保全・保護と景観形成,観光プロモーション,地域の歴史・文化,異文化コミュニケーションなどに関する知識と実践力を身につけ,地域のリーダーとして活躍し,地方創生に寄与する人材を育成することを目的としています。

 

2.カリキュラム

  観光政策科学特別コースのカリキュラムは,共通科目群,社会科学専門科目群,観光政策科学専門科目群からなります。

  •  共通科目群

地域資源と環境の保全・保護・活用に関する基礎知識を学びます。

  • 社会科学専門科目群

経済,経営,法律,政治,行政,計画,数理の分野の基本知識を学習し,応用力を身につけます。

  • 観光政策科学専門科目群

観光経営,観光産業,観光政策,観光地域計画など,地域の観光政策の立案と分析,経済効果の分析,観光事業の経営に関する専門知識を学びます。

 

3.進路

  自治体,民間企業,観光協会,NPOなど様々な分野で,観光政策の専門家,地域計画コンサルタント,ツアー及び商品企画のプランナー,経営スタッフとして活躍することができます。

 

4.入試

  地域社会システム学科の入試(募集定員48名)は,前期入試(募集定員43名)と後期入試(募集定員5名)からなります。前期入試の募集定員43名のうち13名を,観光政策科学特別コースの募集定員として選抜します。

 前期入試では,センター試験の点数(800点満点)と個別学力検査の点数(600点満点)の合計点で入学者を選抜します。入試の教科・科目及び点数配分は,地域社会システム学科の前期入試のそれと同じです。

 なお,観光政策科学特別コースを第1志望とする場合には、地域社会システム学科を第2志望とすることができます

ページの先頭に戻る