主な就職先

生命環境学部地域社会システム学科は、2012年4月に新設された学科なので、まだ卒業生はいません。

ただし、当学科の前身となった山梨大学・教育人間科学部 国際共生社会課程(共生社会コース)、及び、山梨大学工学部循環システム工学科から、多くの教員が、地域社会システム学科の教員となっています。

以下に、参考として、前身である課程と学科の卒業生の進路を示します。ここでは、新しい地域社会システム学科の卒業生の進路を保証することはできません。その一方で、地域社会システム学科へ入学した学生が、3年時から所属するゼミにおける学習内容は、前身の課程・学科と大きく変わることはありませんので、進路も同じ傾向を示すと予想されます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

平成18年~22年の進路決定率[(就職・進学が決定した学生数)÷(卒業生総数)]
平成18年度94.6%
平成19年度98.7%
平成20年度100%
平成21年度96.2%
平成22年度93.3%
とほぼ100%近くで推移しています。特に、これらの年次には、未曾有の就職難でしたが、これらは堅調に推移しました。

平成18年~22年の主な就職先、及び、大学院進学先
1 民間企業
三井住友銀行、山梨中央銀行、静岡銀行、武蔵野銀行、中央労働金庫、長野銀行、八十二銀行、明治安田生命、三井生命、AIG生命、シャトレーゼ、明電舎、住友不動産販売、NTTデータ、日立ソリューション、富士通エフサス、テレビ山梨、名鉄観光、など。
2 官公庁・地方自治体、公益法人・各種団体
甲府市役所、韮崎市役所、北杜市役所、富士吉田市役所、笛吹市役所、山梨県警、甲府商工会議所、甲府市農協など。
3 大学院(修士課程、あるいは、博士課程前期)
東京大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、筑波大学、山梨大学、学習院大学、横浜国立大学の各大学院、など。

新学部における地域社会システム学科では、教員が増員されています。その結果、経済学、経営学、法学、政治学、行政学分野において充実した教育が可能となりました。また、カリキュラムとして、実践的な職業人を育てることを目的としていることから、公務員関係、高校教員(商業)をはじめ既存分野への就職がより拡充すると期待できます。

ページの先頭に戻る