准教授
藤原 真史  
専門分野:
行政学・地方自治論
主な研究テーマ:
地域開発政策に関する研究、市民参加に関する研究

政治学の一分野である行政学、地方自治論は、国や地方自治体等の行政活動の仕組みや課題を探っていく学問であり、行政活動を支える行政資源(ヒト、モノ、カネ等)やそれらを活用して産み出される政策について、理論の探求や実態の解明を目指しています。 私の研究テーマは大きく二つに分かれます。一つは、戦後日本の地域開発・地域活性化に関する制度や政策の調査・分析であり、国土計画や地方都市及び周辺農山漁村を対象とする地域振興策について、国と自治体の関係(中央地方関係)にも注目しながら研究しています。いま一つは、国や地方のガバナンス改革に関する調査・分析であり、行政における市民参加の拡充や民間手法の活用について研究しています。

ページの先頭に戻る