教授
渡邊 幹彦  
専門分野:
マクロ経済学・開発経済学・環境経済学
主な研究テーマ:
地域の自然資源を有効利用した望ましい経済発展

渡邊研究室では、マクロ経済学を中心に、開発経済学や環境経済学に基礎をおいた研究がなされます。

主要な研究テーマは、「地域の自然資源を有効に利用しながら、国が発展していくためにはどうすべきか」です。これは、さらに細かく、「国の経済が豊かになっていくには、どのような産業を育成すべきか」、あるいは、「景気対策・国際貿易・震災を受けての新エネルギー政策・少子高齢化問題・環境保護と自然資源保全などにどのように取り組むべきか」というテーマとしてとらえることができます。

さらに、当研究室では、費用便益分析、環境の経済価値評価、実際の国際条約の動向が研究され、これが前述のテーマの追求に役立つとともに、学生が実践的な知識を身につけることを志向しています。 経済学は、「お金儲け」ではなく、「最適な資源配分と所得分配」を研究する学問です。

「暖かい心と冷静な頭脳(A. Marshallの言葉)」を持ち、地域や世界で活躍したい学生を歓迎します。

ページの先頭に戻る