准教授
喜多川 進   
専門分野:
環境政策論・環境政策史
主な研究テーマ:
ドイツと日本の環境政策

 主な研究テーマは、先進的と評されることの多い、ドイツの容器包装廃棄物減量化政策です。その際、以下の点に特に注目しています。

  • どのような過程を経て、その政策が生み出されたのか?
  • 本当に優れた政策なのか?
  • わが国への政策上の教訓は何か?

ドイツの容器包装廃棄物政策研究をてがかりにして、環境分野での望ましい政策形成のあり方を検討してみたいと考えています。

ページの先頭に戻る