山梨県町村会・山梨大学連携リレーシンポジウム「アグリツーリズムの実践から」のご案内

2017年10月21日|お知らせ

山梨大学と山梨県町村会では、第1回リレーシンポジウム「アグリツーリズムの実践から」を山梨県南都留郡鳴沢村において開催します。

本シンポジウムでは、鳴沢村における農村資源を活かした着地型観光地づくりの展開に資することを目的に、地域社会システム学科の菊地淑人准教授が「アグリツーリズムの展開と地域ブランドの発信:鳴沢村の魅力を地域づくりに活かす」と題した講演を行うほか、地域課題解決科目「アグリツーリズムの実践」の履修学生が各グループの調査成果や提案内容について発表します。本学科では、1〜3年生の14名がこの科目を履修しています。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■ 日時  平成29年11月18日(土) 13:30~(開場13:00)
■ 会場  なるさわ富士山博物館 フジエポックホール (道の駅なるさわ内)
■ 定員  300名(申込締切:11月10日(金)、参加無料)
 どなたでもご参加いただけます。当日の参加受付もいたしますが、できる限り、事前のお申込をお願いいたします。

■プログラム
・講演
「アグリツーリズムの展開と地域ブランドの発信:鳴沢村の魅力を地域づくりに活かす」
菊地 淑人 山梨大学大学院総合研究部 准教授 

・学生活動からの報告・提言
「地域資源を活かしたツーリズムの提案-鳴沢村-」
山梨大学地域課題解決科目履修学生(4チーム)
 ①観光まちづくりに資する着地型観光に向けた事業・取り組み等の提案
 ②地域特産の農産物の活用と6 次産業化の提案
 
・ポスター説明・意見交換

-----------------------------
申込URL:http://www.coc.yamanashi.ac.jp/entry1118

チラシ・地図などの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.coc.yamanashi.ac.jp/2228


最新情報
ページの先頭に戻る