「ツーリズムEXPOジャパン2017」で視察研修を行いました。

2017年10月03日|お知らせ

9月23日(土)に、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)の一環として、山梨県立大学と合同で、日本最大の観光見本市である「ツーリズムEXPOジャパン2017」において視察研修を行いました。このツーリズムEXPOの視察研修は、昨年度に続いて2回目です。本学からは教員4名と、観光政策科学特別コースの1、2年生、観光系のゼミに所属する3年生を中心に、計29名が参加しました。

山梨県のブースでは、はじめに山梨観光推進機構の担当者から山梨県の出展コンセプト等についてお話を伺い、その後は各自が自分の関心に基づいて各地域や観光産業のブースをめぐり、情報収集・資料収集を行いました。夕方には、主催者の一つである日本旅行業協会(JATA)の矢嶋広報室長から、観光の果たす役割、また、そのなかでのツーリズムEXPOジャパンの位置付け等についてお話を伺いました。

山梨県立大学の教員・学生の一部はCOC+の一環としてベトナムのブースに携わっていることから、そこで得た知見について学生から報告があり、大学を超えた学生間の交流ももつことができました。

今後も、こうした取り組みを継続してまいります。

末尾にはなりましたが、今回お世話になりました日本旅行業協会の矢嶋広報室長および山梨観光推進機構に厚く御礼申し上げます。

EXPO1

                    山梨県のブース

 

EXPO2

      お話をして頂いた日本旅行業協会の矢嶋広報室長


最新情報
ページの先頭に戻る