地域社会システム学科について
地域社会システム学科では、人と人や人と自然との共生および持続可能な社会の繁栄という観点から新たな発展モデルの確立を目指し、社会経営に関わる理論と実践をバランスよく学んでいきます。
教員紹介
教授
渡邉 靖仁
専門分野:
農業経済学・ミクロ計量経済学・フードシステム
主な研究テーマ:
契約理論による組織の経済分析 地域社会のリスクと安全ネットの制度設計
ミクロ経済学の理論が提供する、家計や企業などの経済主体の「誘因と相互作用の帰結」を分析する枠組みを用いて、個人・組織・地域の直面する諸リスクとそのカバーのための方法について研究しています。理論仮説の検討に加えて、可能な限りこれを実証する分析によって、この方法の有効性と適用可能性を高める研究に取り組んでいます。

YouTube山梨大学生命環境学部公式チャンネル

ページの先頭に戻る